お力添え感謝申し上げます【西日本豪雨被害支援活動を行いました】

西日本豪雨による浸水、土砂災害で亡くなった方々のご冥福を祈り、被害を受けた全ての皆さんにお見舞いを申し上げます。

私たちも、7年前の東日本大震災直後から継続的に国内外の皆さんから支援を寄せていただいたことを忘れてはいません。

私の所属するボランティア活動グループ・ぐるーぷ笑顔で「何か出来ることを通して土砂災害被災地を支援しましょう」の思いで、短期間でありましたが、周囲にお呼び掛けをいたし、タオル、石鹸の提供をいただきました。

限られた時間や決められた場所での支援品受付となりましたが、Facebook、ツィッター、ライン、メール、声がけで情報を得た方々が集って下さいました。

新品タオル、洗濯済みのタオル、石鹸、持参いただいた場で仕分けして箱詰め。

作業を終えて、宅配便にて真備町の支援活動を行う拠点と大洲市体育館宛に送り出しました。

私たちの経験からも言えることは、被災地での生活は時間経過と共に必要な物資も変化していきます。復旧・復興に向けてこれからも皆さんの思いを寄せて遠くから向き合っていきます。


投稿者:

布田 えみ

岩沼市議会議員三期目の活動中。 大好きな岩沼のさらなる発展を願い、母として女性として、市民としての思いを町づくりに届けてまいります。