3月11日の朝です

東日本大震災から9年。

犠牲になられた方に哀悼の誠を捧げます。

新型コロナウイルス感染予防のため、追悼式も中止となりました今日は、心静かに鎮魂、そして疫病の収束を祈りたいと思います。

2011年3月11日。

仙台市内のオフィスビルで被災。雪が舞う中、仙台駅東口界隈から岩沼の自宅に向かって歩き出しました。

ガス以外のライフラインが途絶えた中、当時生後3ヶ月余りだった愛犬くるみが無邪気に庭先で遊ぶ姿を眺めながら、この先の生活、何が起きているのか、必死でラジオや携帯のワンセグから情報を得ようとしていました。

国内外の皆さんから温かなご支援を寄せていただき、復興に歩んできた岩沼市、被災地。

それぞれの自治体の被災状況、立地も異なり単純に比較はなりません。

厳しい中、一歩一歩、復旧復興や生活再建に歩み出してきた今日まで。

まだまだ、全ての方に笑顔が戻っていません。

これからも、寄り添う支援を重ねてまいります。

岩沼市は、今日は追悼式に変わり、自由献花で慰霊となります。

 

投稿者:

布田 えみ

岩沼市議会議員三期目の活動中。 大好きな岩沼のさらなる発展を願い、母として女性として、市民としての思いを町づくりに届けてまいります。